燻肴TOP > 商品リスト > 食材で選ぶ > お肉 > まるごと丸鶏の燻製

まるごと丸鶏の燻製





特別な日を彩る丸鷄の燻製

国産鶏を丸ごと燻製しました。
ハーブを調合し漬け込んだ香り豊かな逸品です。見栄えのする丸鶏をおもてなしや特別な日の一品に。




ハーブとスモークが香る柔らかな丸鷄燻製

飼料にこだわって育てられた国産鶏の柔らかく、きめ細やかな肉質を丸ごとお召し上がりいただけます。丸ごとなので鶏肉のジューシーさも感じて頂けます。漬け込み、塗り込みには、レモングラス、タイム、ローズマリーとさわやかな香りのハーブを調合し、さっぱりと召し上がれる味付けに仕上げました。




丸鷄燻製の製法へのこだわり

ハーブと塩を独自で調合し三日間じっくり漬け込みます。

一晩、塩抜きをし余分な塩分を取り除きます。

その後、高温でしっかりと焼き上げ、燻製へ。

チップをこまめに追加しながら、薫り付けします。




さくらチップを使用した燻製

丸鶏の燻製で使用している燻煙材は「さくら」です。さくらは燻煙材として人気があり、よく使用されています。さくらは強めの薫りをつけることが特徴なので、クセのある食材に適しています。





燻製の製品を作り続けて約50年。大市グローバルフーズグループの工場は国内外に4か所ございます。ホテル、レストラン、料亭など多数の店舗に食材を提供し、陰で支え続けてきました。ここで培われてきた技術・製法、最適な調味塩の配合や、それらの違いによる特長を研究。それらの全てを燻肴に注ぎ込みました。昭和35年の創業以来、熟練工による手作業工程も随所に取り入れ、厳しい品質管理のもと「燻肴でしかできないものづくり」へのこだわりを守っています。






【1】まずは、ももの付け根の部分に包丁で切れ目を入れます。(左右、切りやすい方でかまいません。)そのまま包丁を入れると、関節の所まで簡単に剥がれます。


【2】反対側のもも肉も、同じように切り分けます。


【3】続いて、手羽の部分を切り分けます。お腹側から手羽のつけ根部分に、切込みを入れます。


【4】反対側の手羽も同様に切り分けます。

 

【5】胸肉を切り分けます。お腹の中心には、骨がありますので、その骨の両脇に包丁で切れ目を入れます。


【6】ささみを、残すように胸肉の部分だけを切り分けます。包丁を入れながら、手で剥がすようにすると簡単に切れます。


【7】ささみを骨に沿って、包丁を入れながら切り分けます。


【8】お尻の部分から、背中の皮を剥がします。後は、ガラに残った細かいお肉を丁寧に削ぎ落としていきます。

 

【9】もも肉のひざの部分に包丁を入れ、2つに切り分けます。


【10】胸肉は、食べやすい大きさにカットします。

 

 



パッケージ

冷凍でのお届けです。お召し上がりの24時間前に冷蔵庫に移して解凍してください

燻製姿丸鶏
燻製姿丸鶏


まるごと丸鶏の燻製

商品番号 971031

特別価格6,480円(税込)

[648ポイント進呈 ]

[ 送料込 ]

数量
クール便でお届けします
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く




名称 加熱食肉製品(加熱後包装)
燻製チップ さくら
内容量 ■内容量:1羽(約1,250g〜)
■サイズ:約16.5x21x10cm
原材料 鶏肉(骨付き)、オリーブオイル、香辛料、食塩、砂糖
賞味期限 3ヶ月
※解凍後すみやかにお召し上がりください。
保存方法 要冷凍(-18℃以下)
調理方法 解凍後、そのまま、もしくは焼き直してお召し上がりください。
販売者 〒5460021
株式会社大市珍味(燻肴) DT
大阪市東住吉区照ヶ丘矢田2-20-9