グルメソムリエお勧めの羊乳のチーズアルバラシンの口コミ

日本ではほとんどが乳牛のチーズが大半ですね!

グルメミートワールドの羊乳のチーズのアルバラシンを一度口にしたら、
他のチーズは食べられなくなりました!


チロシンの謎を知りたくはないですか?










日々の忙しい仕事に追われて、自宅でゆっくり美味しい
ものを食べることが出来ないと思っている人には羊乳の
チーズのアルバラシンはお勧めです。


日本では大半のスーパーでは乳牛のチーズが主流ですが、
グルメミートワールドの羊乳のチーズアルバラシンという
チーズはまだ認知はされていない状態です。

日本では特に乳牛のチーズが主流ですが、ヨーロッパでは
羊乳のチーズが人気です。 スーパーでも乳牛のチーズも
ありますが、羊乳のチーズが多く販売されています。

見た目は大きな円盤型のチーズでよくテレビでみかける
形です。

かなりの大きさですが、実際に販売されているサイズは
かなり小さく切り分けたサイズで販売されています。

日本ではチーズはとても高いですが、ヨーロッパでの
羊乳のチーズはそんなに高くはないし、量も日本とは
違います。

羊乳のチーズは独特の臭みなどがあるかと思いますが、
臭みは全くありません。 しかもとても新鮮なチーズ
です。


特にスペインのアルバラシン村はスペインで一番綺麗な村
と言われています。 その一番綺麗な村で作られるのが
絶品の羊乳のチーズです!



このアルバラシン村のチーズ工場で使われている羊乳の乳は
アサフという種類の羊でとても高いん品質のミルクを作る
羊と言われています。

アルバラシン村のチーズ工場は羊の飼育から行っていて、羊の飼育に
適した飼料を与えて羊もストレスなく育つことで上質にミルクが
出来る理由です。

加えてアルバラシン村水質がとても優れているのも高品質のミルク
を作りだしている理由のひとつです。

アルバラシンの羊乳の素晴らしさは徹底管理された状態での
飼育と飼料それと水質の素晴らしさによるものです。




熟成された羊乳のチーズは普通のスーパーではまず手に入りません!

そこでグルメミートワールドが数あるヨーロッパのチーズの中から
アルバラシン村で作られた羊乳のチーズを日本に紹介!

スーパーでは手に入らない世界グルメを紹介するグルメミートワールド
で是非、あなた好みの商品を見つけてみてください!

グルメミートワールドでは今まで味わったことのない
羊乳のチーズの味に驚かされること間違いありません!

グルメミートワールドの紹介する世界グルメは
あなたを驚かすこと間違いないです!

日本では馴染みのない羊乳のチーズアルバラシン

羊乳のチーズのアルバラシンがどれだけ優れているかは日本では
まだ知られいないのですが、実際に目の前で羊乳のチーズは試食
させてもらった時にあまりの感覚にこれが本当にチーズかと思った
のはまだ鮮明に覚えています。

日本のスーパーでのチーズはとても薄くスライスされていて、金額
もそこそこしますよね。 一度で食べ切れるのですが、量は全く
足りませんし、正直食べた気はしない量ですよね。

日本の小さくスライスされたチーズとは大きく違うのは一度で食べ切れ
ても確かに食べたと感じるところと味が後々まで残るところです!




チーズコンクールで賞を獲得するまでは正直、アルバラシンは
知名度もないアルバラシン村の小さなチーズ工場でした。

そのチーズ工場で作られる羊乳のチーズはワールド・チーズ・アワード2010年に
金賞を受賞してからこのチーズ工場のチーズはスペインで一気に知名度が上がり、
テレビでもとりあげられるチーズとして認識され始めました。

実際に食べる前に手にとると硬すぎることのない感じで、手触りはとても
良くて、舌に乗せるとアロマも感じます。 鼻から抜けるアロマはとても
新鮮です。



羊乳のチーズのアロマは日本で作られているチーズでは堪能出来ません。



羊乳のチーズのアルバラシンの特徴はスライスした際の断面にチロシン
このアミノ酸の結晶で旨み成分です。

ちなみのこのチロシンは長期熟成のチーズやハムに見られる
もので美味しさの目安です。

このチロシンが出来ている羊乳のチーズのアルバラシンのチーズを頬張ると口の中で
この羊乳のチーズが出来たこれまでの過程がどれだけ優れているかとこの旨さのために
かけてきた製造者の技術のすごさと羊乳のチーズに対する熱い情熱さえ感じます!

アルバラシンの社長のアルベルト氏との記念撮影!





情熱が人を動かすとも言われるように、情熱の結晶です。







発酵食品のチーズは体にはとても良いので、積極敵に食べるべきです。

発酵食品のチーズには主にタンパク質、脂質、各種ビタミン、カルシウムやマグネシウム
といったミネラル、アミノ酸
などの栄養が含有されています。ただビタミンCは含まれて
いないため、調理する食材で補給すれば、とても素晴らしい栄養バランスをとることが
できる発酵食品です。

従って、チーズは栄養バランスにとても良い食材と言えます。

このチーズとスペインが誇る生ハムとの組み合わせは
食通も黙らせることは言うまでもありません。

グルメミートワールドによって日本に紹介されたこの
チーズを是非、パンとスペインの生ハムと一緒に堪能
して見てください! 加えてスペイン最高のワインと
共に年末年始の集いやお祝いの時にもお勧めです。

グルメミートワールドの羊乳のチーズは徹底した
拘ったチーズで、自社ミルクだけに拘っているため
増産は一切おこなっていないことからも、グルメ
ミートワールドが厳選したチーズと言えます。

羊乳のチーズアルバラシンの口コミを調べてみました!

良い口コミ

グルメミートワールドには羊乳のチーズだけではなくて、
スペインの生ハムやイタリア産生ハムにスペインワインと
たくさんありますが、中でも羊乳のチーズのアルバラシン
は本当に素晴らしいチーズです。 チーズという感覚は
あまりなくケーキを食べている感じです。

(35歳 男性)


グルメミートワールドのお勧めの羊乳のチーズのアルバラシン
は最初は半信半疑でしたが、チーズだけを口にしてなんだこの
アロマはと思うくらい鼻に香りが通り、味だけではなくて香り
も存分に楽しめました。 必ずリピートします。

(30歳 女性)


到着してから、開けて見て、部屋中にこのチーズの香り
が広がりました。 そして口に入れるとアロマが鼻を突き
抜けていきました。 パンに生ハムと一緒に食べると最高
な幸せな気分になれます。

(40歳 女性)


OSMC優秀実践者賞を2011年に受賞したグルメミートワールドが紹介するイベリコ豚
や他のお肉類にワインにチーズを自宅で堪能するのはお勧めです。
グルメミートワールドのサイトに掲載されているイベリコ豚の写真を見て
いるだけで食べたくなるくらいに上手く撮影されているのも素晴らしいです。
グルメミートワールドのお勧めのスペイン産ワインを片手に長期熟成高級ハム
にサラミやソーセージなどどれもお勧めです。

(30歳 男性)


悪い口コミ

注文したい商品が売り切れていて、買いたい時に買いたい商品
の在庫がなくなっていることがあるのでとても残念でした。
もっと早くに購入すれば良かったです。

(33歳 女性)


チーズにパッケージがしっかりとしてあるのは
素晴らしいのですが、もっと簡単に開けることが
出来ればと思いました。 

(24歳 男性)


ホールで購入するとサイズと重たさがあるのですが、
一人暮らしならば、スライス状態のチーズを購入する
のがベストです。

(30歳 女性)

アルバラシン村の現地に行ってきました!

実際にスペインのアルバラシン村は日本では有名観光地のバルセロナやバレンシアや
マドリッドやセビリアのように毎年たくさんの観光客が訪れる場所ではないです。

実際にこの村へのアクセスはスペインのバルセロナからバスで約7時間
でまずテルエルという小さな町についてから、マイクロバスでの移動。

このマイクロバスはテルエルのバス乗り場から一日一便しか出ていません。
しかも午後の15:40だけです。

マイクロバスに乗り、約30分程でアルバラシン村に着きます。
大都会と違ってどこにいくにも車がないと始まらない村です。


綺麗な町ですが、都会の喧騒は全くないです。
アルバラシン村の夜は町の明かりはありますが、
少し裏道に入ると真っ暗です。

グルメミートワールドのスタッフが日本に紹介した羊乳のチーズアルバラシンはスペインの
バルセロナもしくはサラゴザからアクセス出来るのですが、バスで行く場合はまずテルエル
(Teruel)までむかってからマイクロバスに乗っていく方法しかありません。 

大きな観光バスは走っていません。 昔はこのアルバラシン村はサンタ・マリア・デ・オリエンテ
(Santa Mar?a de Oriente)と呼ばれていた時代もありました。 ローマ時代にはロベトゥム
とも呼ばれていたこともありました。 鉄器時代にはケルト系のロベタノ族が定住していた
場所です。

イベリア半島がイスラムの支配下でアルバラシン周辺にタイファを作ったのは
ベルベル人の一族アル バヌ ラジンでした。 これが現在の地名のもととなった
とされています。(アル バヌ ラジンとは、ラジンの子孫という意味)

タイファは部族集団や分立している集団を意味するターイファに由来
しているタイファかつてイスラムの支配下にあったイベリア半島で
つくられたイスラム教諸王国にその君主を表す言葉です。

住んでいる人が少ないのと、山に囲まれていることが
この村の水質が素晴らしい証拠でもあります。

都会にあるような高層ビルもないし、賑やか通りも
ありません。 スペインと言えばバルセロナやマド
リッドが思い浮かび、フラメンコやサグラダファミリア
や牛追い祭りのパンプローナかと思います。

しかし、アルバラシン村を訪れたら、必ず虜になるかと思います。
日本ではスペイングルメと言えば生ハムにワインと思われますが、
実はスペインにはワールド・チーズ・アワード2010で金賞をとった
羊乳のチーズがあります。

そしてこのチーズはグルメミートワールドが自信を持って
お勧めしています。大正12年(1923年)からの老舗であるの
で、安心してお試しいただけます。

アルバラシン村は綺麗な村だけではなくて、水質がとても良い
ので、アルバラシン村の水の良さがこの羊乳のチーズの味に
大きく関わっているのは明らかな程、この村の水が美味しさの
決めての一つです。

水は私達の生活にはとても必要なものであるのは
誰にも明らかです。 そしてこの水を与えられた
アサフ種という羊が上質のミルクを作りだします。

そしてこの水がチーズをまろやかに仕上げてくれます

アルバラシンで搾取する羊はイスラエルのアクシ種と
ドイツのミルチャクという種を掛け合わせたアサフ種
という羊で、この羊が上質のミルクを作りだします。

グルメミートワールドお勧めの羊乳のチーズを試されたお客様の声!

青ラベル3ヶ月熟成羊乳チーズ(カット)

グルメミートワールドの羊乳のチーズがあれば、サラダが
ご馳走になります。

いつもは、そのまま食べるばかりで食べきってしまうんですが、
珍しくサラダに混ぜてみました。

前菜としても、ワインが進むし、そうとうに
満足いく一皿になりました。

味の濃いチーズが塩気にもなり、さらには味付けにもなる
優れたチーズですね!

生野菜と一緒に食べるとその味も
際立つんだなと知りました。

投稿者:東京都 ツンさん様


チーズとたっぷりのブラックペッパーだけのシンプルなパスタ
「カチョエペペ」を作ってみました。

このパスタはローマ発祥で、本来はペコリーノロマーノ
を使って作るのだそうです。

ニンニクを使ったりするレシピもあるようですが、チーズの味を
ストレートに楽しめるよう、一番シンプルな材料のレシピで作りました。

(某料理サイトで見つけたレシピなので載せるのはやめておきますね)

病みつきになること間違いなしのグルメミートワールドの羊乳のチーズです!

それほどたくさんチーズを入れるわけではないのに、驚くほど濃厚でコクがあります。
ブラックペッパーの爽やかな辛さがチーズの味を引き立ててくれるようです。

たったこれだけの材料でこんなにふか〜い味が出るのはやっぱりチーズがおいしいからです。
簡単で、ワインのお供にピッタリなのでまた作ると思います。

もちろん、このチーズを使いますね。

投稿者: 愛知県 ちゃいむ様


そのまま食べるのが美味しい!さらに焼いて食べると旨いのが魅力
のグルメミートワールドの羊乳のチーズです。

そのまま食べるのが美味しいのt切りながら、(味見と)
つまみ食いは当たり前です。

加熱すると、味に深みとコクが増すから、焼いてたべると旨い!

羊のクセが無くて新鮮で濃厚なミルク感のあるチーズ!

セミハードなので、薄くスライスしてそのまま食べるのがお気に入りです。

そのままで主役になるのがグルメミートワールドの羊乳のチーズです。
料理のアクセントにもなるので、私にとっては、使い勝手もよく、
調味料としても使える冷蔵庫のレギュラーチーズの一種です。

「羊なの」と言わなければわからない程。

そのまま食べるのが好きだけど煮詰めたバルサミコ酢をつけて食べる。

この食べ方が、ここ最近の定番です。

食後のワイン” “寝る前のひととき”はこうして、
ワインとの相性を楽しんでいます。

どのタイプのワインとも相性がいいのもこのチーズの魅力です!

白ワインなら、中白タイプより、軽めの白がよりあう。

赤ワインなら重赤タイプより 軽めの赤〜中赤の方がより合います。

ワインと羊ミルクのチーズ(熟成3カ月)をそのまま食べ合わせて、 
それから、バルサミコソースをつけて呑み進めて後は好みです。

今は、ワインと、この食べ方がお気に入りです。

投稿者:  comcom様


チーズが苦手な人でも食べやすくて美味しいです!

という友人からの触れ込みで、恐る恐る購入して
みました!

まずはそのまま、うすーく切って食べてみました。
あれ!?スペインのチーズというので、マンチェゴチーズ
みたいなのかな? と思っていました!

とっても癖がなくミルクっぽい甘みも感じて食べやすい!!

というか、、美味しい!

そして熱々のパスタにも削ってかけてみました。
あまりしょっぱっくないのでたっぷりかけてもOKでした。

羊乳のチーズってもっと癖があるのかと思っていましたが
思いのほか美味しくて、むしろ牛乳で作ったチーズよりもチーズ
くさくないように感じました。

チーズは苦手なので、私的には熟成の短いこの羊乳のチーズは
あらたに美味しい逸品でした。

新しい美味しさを教えてくれた友人に今度はお礼にグルメミート
ワールドの羊乳のチーズを贈ろうと思います。

投稿者: 北海道 ありす様


おやつに晩酌にとっても美味しく頂きました

癖のないチーズなので殆どをそのまま美味しく頂いたのですが、
ちょこちょこ簡単なアレンジをしてみたなかで、白菜とベスト
マッチだったので紹介します。

冬の白菜が美味しい時期にぜひ試す価値ありです!

白菜と羊ミルクのチーズのコクとラム肉の風味、相性抜群です!

手順
1、白菜の葉を剥がして茹でる。

2、羊ミルクチーズをうすく切る。

3、ラム肉の切り落としを塩コショウして焼く。

4、1の白菜で2と3を巻いて、完成です。

投稿者:千葉県 こたつねこ様


ミルキー感とコクのある味わいが素晴らしいと思います。
ワインももちろんですが、辛口の濁り酒にも相性抜群です。
今まで出会ったチーズのナンバーワンです!

投稿者:千葉県 ボラーチョ様


グルメミートワールドの羊乳のチーズはリピート間違い無しです。

瑞々しくクセのない味わいは今回も変わりません。
しっかりとしたコクがあり、非常にクリーミーです。
舌の上でスッと溶けて口の中に広がります。

私はいつもリースリングと合せるのですが、他の白ワインとの
相性も抜群なはずです。

これは、今まで食べたことのないチーズです。
羊乳のチーズということで、もっと臭いや味に癖があるかと
思っていましたが、全くクセはありません。

むしろ、スッキリとしています。
極上のクリーミーさに脱帽です。

投稿者:秋田県 アルブレヒト様


ドンマヌエル15ヶ月熟成羊乳チーズ(カット)

家族でお気に入りのパスタ屋さんでは、パスタを注文すると
パルミジャーノレッジャーノの削ったものをキャニスターに
入れて持ってきてくれます。

パスタの味を変えたかったりする時やチーズをたっぷり
いただきたい時に各自で好きにかけることが出来るので
嬉しいです。

中にはその場で削ってくれるお店もありますが、たっぷり
かけてくださいとお願いをしていても、もっとかけて欲しい
なと思う量なことがほとんどです。

今までは食卓用は粉チーズでしたが美味しさを思うとイマイチ
だなとは思っていたんです。

本来であれば削りたてをいただくのが一番だとは思いますが、
削っておくと粉チーズの様に手軽に使えます。

しかも粉チーズよりも美味しくて贅沢!

なので我が家では各自で好きにトッピング出来るように、
あらかじめドンマヌエルチーズを削っておいておきます。

料理の仕上げに振りかけたり、卵料理に混ぜ込んだり万能なんです。

削ってから時間が経つと風味が落ちるかなと思っていましたが、
そんなに変わらないと思い、それ以来先に削っておきます。

粉チーズは手軽だけれど美味しさが…と思っていたので、事前に
削っておいても劣化しにくいドンマヌエルチーズはおすすめです。

投稿者:神奈川県 さぁや様


すっかりお気に入りになった羊乳のチーズ、開封するとまず、
3つに分けて保存しています。

ほろほろと柔らかな中心はおつまみ用に。適当な大きさにカットして、
そのままいただいています。

崩れない程度にしっかりした中間部は、ピーラーでうすく削って
サラダやパスタのトッピング用。

残りの硬い部分は粉状にして、パスタソースやオムレツなどお料理
に混ぜ込んで使います。一度に作る場合はフープロが便利です。

本来なら毎回削りたてを使いたいところですが、ある程度の量を作って
タッパに入れておくと手軽ですし、家族も使いやすいようで重宝がられ
ています。
(時々知らない間になくなっていたりしますが)

今回は粉状にしたものでバジルソースを作ってみました。
通常のレシピより、チーズをた〜っぷり(バジルと同量くらい)
入れたので こっくり・しっかりした味わいになりました。 

それでもしつこさはなく、写真のフジッリの他にも ポテトや
チキンなど、幅広く活躍中です。

投稿者:愛知県 ちゃいむ様


羊乳チーズのイメージが変わりました。

手でホロリと崩してまずはそのままパクり。

以前ペコリーノチーズを食べて以来、羊乳チーズは臭いという
イメージで嫌いになってしまった母に食べてもらったところ
「全然臭くない!なにこれ美味しい!止まらない?」とつまんでいました。

臭みは全くないです。

チーズの良い香りと程よい塩分に旨みが口に広がります。

見た目はパルミジャーノレッジャーノですが、塩分が程よい
からかドンマヌエルの方が食べやすいかもです。


たっぷり砕いてチーズリゾットにしました。

玉ねぎとマッシュルームを炒めて牛乳を入れます。

そこにたっぷりとドンマヌエルを入れて味を調え、
ご飯を投入して出来上がり。

仕上げにドンマヌエルを上から振りかけました。

炊いたご飯で作る簡単リゾットでしたが、ものすごく美味しかったです!

パルミジャーノレッジャーノを入れたときはチーズの主張が
強く感じたのですが、ドンマヌエルの場合は料理を引き立ててくれます。

料理にミルキーさと旨みをプラスしてくれたように感じます。

まだ残りが3分の2あるので、他に何を作ろうか楽しみです!

投稿者: 神奈川県 さぁや様


チーズと言いますとマンチェゴを今まで購入して食べていたのですが
ドンマニュエルを食べてびっくり!
上質なパルミジャーノチーズのようにほくほくとしていて
まさにチーズそのものを楽しめるんだと思いました。

スペインの有名なチーズ、マンチェゴと比べてもドンマニュエルチーズは
上品な味わいで味が濃く、こんな羊のチーズは初めてです。

?フレッシュなグリーンサラダに砕いて散らしても美味しいですね。

?塩分も控えめなのでEXヴァージンオリーブオイルとお気に入りの塩を少々。
?パリパリした野菜とほっくりしたチーズでワインも美味しくなります。
スペインワインが個人的に好きなのですがワインにも負けることなく、
?ワインとのマリアージュも楽しんでいます。

投稿者:ワイン好き様


チーズ大好きなので、今までヨーロッパの国々の様々な種類
を食べてきましたが、スペイン産は初めてかもしれません。
パルメザンチーズのような、ホロホロ崩れる感じですが、
質感はもっと柔らか。濃厚なミルクの味と、でも食べ安い、
やさしい香りが共存しています。

最初に、キャラメライズした洋ナシのような香りが広がります。
軽めのワインから、やや重めのワインまで幅広く相性がよさそう。

料理にももちろん使えるでしょうが、家族で削りながら食べていたら、
あっという間に完食してしまいました。火を通すのは、次回という事で。
とても美味しく、お気に入りになりました!

投稿者:兵庫県 TOMMY15様


スペインのチーズはバルなどで食べることはありますが、
フランスやイタリアのイメージが強かったんです。

と言いますのもフランスのコンテチーズやイタリアの
パルミジャーノチーズのようないわゆる長期熟成の
ナチュラルチーズが僕は大好きだからです。

国産では残念ながらありません。で今回羊のミルクで作った
長期熟成タイプのチーズということで非常に興味があり、
販売と同時に即!購入しました。結果は言うまでもなく買って正解でした。

クセがないのにコクがあってそのまま食べてももちろん美味しいし、
パルミジャーノチーズのようにお料理に使っても使えるし、高級感が
あってお気に入りです。

最近ではスペインのワインに多少凝っている物ですから、スペインの
ボディのしっかりしたワインにはアルバラシンのドンマニュエルしかありません!

投稿者:週末ミートパパ様


金ラベル6ヶ月熟成羊乳チーズ(カット)

チーズは大好きなのですが羊のチーズは初めてかもしれません。
山羊チーズが苦手なので羊もその延長で避けていた気がします。
この羊チーズもレビュー賞でいただいたにも拘らずしばらく手が
出せずにおりました。
 
そんな羊ミルクのチーズですがグルメソムリエさんの説明はもちろん、
みなさんの「美味しい!」のレビューが後押しとなり思い切って開封!
・・・あれ、美味しい
とても美味しいのですね!思わずキッチンでパクパク食べてしまいました。

ホロホロとしているけどスライスも出来るのでサラダやチーズプラトー
などでも華やかに食卓を飾ってくれそうです。
 
今回はシンプルにサラダとバゲットのせで食べてみましたが、
食べにくいようなクセがなく、でもコクがあってミルキーで。

塩味も強くないのでそのままでも食べ飽きない素敵なチーズです。
 
みなさんのレビューからお料理に使うのも美味しそうだったので
私もいろいろチャレンジしてみようと思います。

投稿者:meg様


チーズを愛して止まない私ですが、特にこの羊乳ミルクチーズ
はどれもお気に入りです。

そのままワインと頂くのが一番とは思うのですが、火を入れると、
またさらなる美味しさを奏でます。

ちょっと勿体ないかなとためらいながらも、贅沢な朝食に。
最近の我が家のブーム、ホットサンドを作りました。

至ってシンプル、ガス火の上でひっくり返しながら焼く
タイプですが、焦げ過ぎないように注意すれば、あっと
いう間に驚きの仕上がりになります。

普段は、スライスチーズが基本ですが、それを羊のミルクチーズにします。

それだけでも、充分に美味しいのですが、好みで、胡椒、オリーブオイル、
たまには、ケチャップやハーブを、気の向くままにアレンジします。

片面2分、返して1分中火で焼くだけ。

それだけで、何と美味しいことか!!

焼くことで、チーズは溶けて、香りは一層増して、さらにはパンと
一体化して、本当に幸せな朝食となりました。

投稿者:兵庫県 Tommy 15様


定番となりつつあります。初めは,ちびちび切って
そのまま食していましたが,だんだんと大胆になり,
ピンチョスを作ってみました。

といっても超テキトーで,パプリカを焼いて,たまたま
あったカニカマを巻き,チーズとオリーブをのせたもので,
カニカマが合うか不安でしたが,なかなかおいしかったです。

また,日本酒とも合うということに気づいてしまいました。
チーズ全般にそうかもしれませんが,特に山廃仕込みの,
ちょっとすえた感じの酒とは相性抜群。薄く切って,
ちびちびやりながらかじっていると,ちょっとからすみのようで,
止まらなくなってしまいます。

スペイン産というとそういうイメージではなかったですが,
このチーズ,無限の可能性を秘めています。

投稿者:東京都 capyko様

引用元グルメソムリエ

グルメミートワールドのお勧めの羊乳のチーズの購入!



1,716円(税別)






4,710円(税別)






カットの場合は1,820円(税別) ホールは5,175円(税別)






カットの場合は1,716円(税別) ホールは5,672円(税別)






カットの場合は1,456円(税別) ホールは5,175円(税別)




ドンマヌエル15ヶ月熟成羊乳チーズ(カット)



1,672円(税別)




羊ミルクのチーズ(青ラベル3ヶ月熟成)



4,710円(税別)




羊ミルク赤ワイン風味のチーズ(アルヴィーノ3ヶ月熟成)ホール



5,175円(税別)




羊ミルクのチーズ(ローズマリー7ヶ月熟成)ホール



5,175円(税別)




カプリン(カブラ)山羊乳チーズ(ホール)



2,849円(税別)




グルメミートワールドは多くの著名な書籍や雑誌で紹介されています!




さらにグルメミートワールドは多くのお店でも紹介されています。
現地に行かなくても日本にいながら、美味しいグルメが楽しめます!




羊乳のチーズのアルバラシンを食べる際に欠かすことの出来ない
同じくスペインの食材もあります。 詳しくはこちらです
↓       ↓       ↓
ウルコの話しとは?

グルメミートワールドは365日営業しているのと営業日の午後3時
までに注文の場合は即日発送します。

他社との違いはグルメミートワールドは品質と味が
あります。 唯一他社との違いはネット注文のため、
購入してから商品がご自宅に来るまで日にちがかかります。

グルメミートワールドの紹介するグルメ食材は
定期的に輸入するのですが、数量に限りがあります。

というのも手作りの製造されていたりするため、
大量生産が出来ないところです!

元々、大量生産をしていない商品
のため数量に限りがあります。


とりわけ、熟成期間により、完成品になるまで
時間がかかるため、数量限定になります。

そして在庫が切れると現地に問い合わせをして
輸入するのに時間がかかります。

加えて、グルメミートワールドの紹介するグルメ食材を
製造する工場はあまり大きな工場ではないために、
大量生産が出来ないのも数量限定になります。

そして今購入されるとお得な点があります。

それはポイントがゲット出来ることです。

ショッピングカートによりお買い上げ金額100円ごとに
3ポイント
が付きます。 (送料、手数料は除外)

このポイントはご注文から2週間後に加算されます。

そしてポイントが使えるのはポイント加算
されてからの利用となります。

商品のお買い上げ時に100ポイント単位(100円)
の割引として利用が可能となります。


そしてポイントの有効期限は1年(注文日より数えて)

ポイントの残高はグルメソムリエ会員の
マイページにログインすると確認出来ます。

従ってこのグルメソムリエ会員登録がお勧めです。

ちなみに会員登録を解除するとポイントは失効されます。
それとポイントの現金化は出来ません。

どれも自慢のグルメ食材ですが、返金保証もございます。
ただし返金には次の条件がございます。

例えば冷凍がとけていたり、または冷凍されていない場合。

3日以上の保存後は返品をお受け出来ないこともあります。

電話番号 : 0268-32-2939
受付は月曜日〜金曜日

受付時間
9:00 〜 17:00

注意点

お客様の都合による返品並びにキャンセル
の場合は送料はお客様負担となりますので
予めご了承ください。(詳細はホームページの下部参照)

日本の大量生産する工場と違って手作りをしているところも
あり、出来る量もその年の天候に影響を受けることや、元々大量生産
ではないので、数量に限りがあります。 

在庫が切れると次いつはいるか未定の場合があります!

このページで紹介しているのはごくごく一部の商品
だけですので、是非一度下部の青い文字をクリック
して、存分にグルメミートワールドが自信をもって
紹介する商品をご覧ください。

グルメミートワールドで素敵な時間を過ごしては
みませんか?

自宅に招待したゲストをもてなすにはグルメミートワールド
のグルメ食材ははじれなしです!

厳選したグルメ食材を紹介するのがグルメミートワールドです!




↓アルバラシン村の匠が作る最高傑作↓



販売者情報

商号: 株式会社グルメミートワールド

沿革

大正12年(1923年)「田村精肉店」開業
創業者 田村 友次郎

平成9年「有限会社ミート田村」に社名変更
代表取締役 田村 幸雄

平成17年「株式会社グルメミートワールド」に社名変更
代表取締役 田村 幸雄

創業者:田村 友次郎
 2代目:田村 重一
 3代目:田村 邦作
 4代目:田村 幸雄

・経済産業省推進事業
「IT経営百選 奨励賞受賞」
・関東経済産業局
「平成17年度IT活用型経営革新モデル事業に採択」

資本金:1,000万円

代表者:代表取締役 田村幸雄

グルメミートワールド・ミッション
日本の食文化に貢献し食の楽しさを創出します

グルメミートワールド経営理念
我々はお客様と共に「美味しい感動」を分かち合います
感謝、感動、誠実、実行をモットーに全員が共に幸せに
なれる様全力をつくします。

私たちはオンリーワン企業を立ち上げ新たなるグルメマーケット
創世の為に全力を尽くし達成します。


所在地: 〒321-1274栃木県日光市土沢2002-2

連絡先:
TEL:0288-32-2939( 営業時間 am9:00 〜 pm12:00 : pm13:00 〜 pm17:00 )
FAX:0288-32-2919

電話でのお問い合わせは営業日の上記のお時間で受付中です。
ご注文はインターネットまたは FAX となりますのでよろしく
お願いします。

休日:毎週日曜日 
(その他 年末年始、お盆等の連休はHP上でお知らせいたします。)


 

サイトマップ